店舗デザインの流れを知ろう

照明という建築素材

店舗デザインをするにあたって、忘れがちだけど、とても重要となってくるものが照明デザインと言えるのではないでしょうか。内装デザインにおいて、いくら質の良い素材を効果的に活用できたとしても、その素材の魅力を最大限に活かす照明をデザインできていなければ意味がないでしょう。店舗デザインの際には、照明機器と照明効果という視点も建築素材の一つとして考えて行くことが大切でしょう。この考え方により、店舗デザインを設計するところから、素材の形や色などに合わせた照明の強さや明るさ、陰影のメリハリを計算し、空間を演出して行くということを考えて行くことができるでしょう。それには、お店のコンセプトや、運営のスタンスに合わせた照明を演出し、独自のカラーを引き出すことが、お店の個性やオリジナリティを生んで行く事になるでしょう。統計として、人は明るい空間では活発になり、暗めの空間だとリラックスしやすいという性質を持っているようです。お店の雰囲気作りとして、その性質を考えた照明効果を活用し、陰影を操作して行くという空間作りも求められるかもしれません。普段あまり気にしていない光の情報ですが、無意識のうちに入ってくる情報であるからこそ、演出する側は計算し、演出することで、上手くお客様の意識を掴んでいける強い素材となるのではないでしょうか。照明効果によって、店舗の空間デザインの印象も大きく変わって行くように、訪れるお客さんの行動や受ける印象さえも変えてしまう力があるといえるのではないでしょうか。照明機器や、照明デザインまでも建築素材として考え、空間のデザインに組み込んで行ける店舗デザインを練って行くことが、今後の運営にも大きく影響してくると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です