店舗デザインの流れを知ろう

集客のためのマーケティング

完成した店舗が、どれだけ素敵であっても、はっきり言って「集客できない店」になってしまっては意味がないと言えるでしょう。近年は、情報を集める手段が多様化する中で、多くインターネットの活用が見受けられるのではないでしょうか。こう言った技術の発展により、消費者の行動心理という部分も、大きく変化していると言えるでしょう。つまり、店舗デザインの段階で、開業店舗における、消費者の行動という面に沿って、より効果的にお客さんを集める方法を考えていかなければならないのではないでしょうか。お客さんを獲得するまでの流れとして、消費者がインターネットなどを通じてお店を探す時代であるという点を踏まえた上で、広告などで注意を喚起し、商品などに関心を持ってもらい、お客さん自信が情報を検索し、行動すると言った流れの概念が新しく発生しているのではないでしょうか。さらに、この一連の流れをインターネット上で共有することにより、口コミとして新しいお客さんへの注意喚起となって行くのが理想的と言えるでしょう。また、近年では情報サイトの充実もあるため、上記の消費者の行動に「比較」と「検討」という項目を追加した流れも新しい概念として定着しつつあるようです。店舗の販促の方法としては、 DM、サンプリング、ポスティング、フリーペーパーなどというように、様々な方法がありますが、これはあくまでもお客さんの注意を喚起し、関心を持ってもらうためのものでしかないでしょう。 そこからWeb サイトへ来てもらい、口コミなどの情報をお客さん自身に比較検討してもらうことで、その先の予約や来店といった行動につながると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です