店舗デザインの流れを知ろう

施工会社を決める流れ

自分で施工会社を決める場合もあれば、デザイン事務所が照会をする場合もあります。
ここではその過程の具体的な流れを見ていきましょう。

自分で決める場合、まず施工会社をインターネットで探します。
4社から5社ほど決めておくと比較が出来て良いといわれることが多いようです。

それらの会社に、端的に言ってしまえば「デザイン事務所で作ってもらった設計図を基にどれくらいの期間でどれくらいの値段で作ることが出来るか」ということを尋ねます。
店舗の設計図の複雑さや規模にもよりますが、それらを施工会社が受け取ってから見積もりが終わるまでに1か月程度もかかる場合もあるので、事前にどれくらいの期間を要するか確認しておくと良いかも知れません。
その結果、良いと感じた施工会社に決めるという流れが一般的のようですね。

ここでとにかく注意しなければならないのは、見積もり書の具体的な内容です。
何分、素人である顧客サイドにとってみれば、様々な専門用語は分からないことも多いと思いますし、施工の際にかかるそれぞれの過程の価格の相場も分からないこともあるでしょう。
そんなときは、いったんデザイン事務所にそれらを持ち込んで、じっくりと相談してみるのも良いかもしれません。
「この値段は相場とは異なる」「この施工会社では普段この値段で請け負っている」などの忌憚のない意見を聞いてから決めても損はしないでしょう。

ともかく、施工の出来は店舗の完成度に大きくかかわりますから、デザイン事務所と複数の施工会社からしっかりと意見を聞いて吟味することが大切でしょう。
これらの過程を不備なく進めることができたら、完成は間近といっても間違いないと言えるかも知れません。