店舗デザインの流れを知ろう

打ち合わせとヒアリング

兎にも角にも必要なのが、顧客とデザイン事務所との間での打ち合わせとヒアリングです。

打ち合わせでは、店舗が完成するまでにどのような過程を経るのかを実際に確認しておきます。
どのくらいの期間がそれぞれの過程に必要で、予算がそれぞれどれくらいかかるのか、店舗が出来上がるまでに一般的に浮かびがちな問題点や課題点を洗い出します。

「こういう立地に建てたい」
「こういう什器を入れたい」
「塗装の色や質感はこのようにしたい」
「予算を○○円で抑えたい」
などといった漠然とした要望をデザイン事務所側に伝えると、さっそく打ち合わせの場をもうけることになるでしょう。

そこで、上の質問に対する回答に加えて具体的に店舗が完成するまでの過程を説明されます。
この時点で、はっきりと予算の話もしておきましょう。

コツとしては、インターネットや書籍などを参考にしながら予算をあらかじめ自分の中で決めておいて、事務所側に流されないで決めることが大切です。
確かに、人生でもそう何度とない大きな買い物であることは確かですが、不必要に高い値段で購入させられてはビジネスの出鼻をくじかれてしまいます。
要注意でしょう。

また、建てたい店舗の立地に関する問題については、図面や3D画像だけではなく、実際に足を動かして現地に行って見てみる必要がありますから、早めに提起することをこころがけましょう。

これらの作業を綿密かつ具体的に行うことで、デザイナー事務所側との信頼関係を築きやすくなり、店舗や予算にたいして共通の認識を持ちやすくなることは容易に想像できるのではないでしょうか。
何事も準備が肝心とはいいますが、その準備の中には信頼関係の構築も含まれていると思って間違いはなさそうです。