店舗デザインの流れを知ろう

店舗デザインの流れ

ここでは、店舗が完成までにどのような過程を辿るのか、つまり店舗デザインがどのように進んでいくのかを主に見ていきます。

 

店舗デザイン

当然、店舗や施設を構えるなどの場合、人生で数少ない大きな買い物になるわけですから、店舗デザイナーとの信頼関係を築いておくのはとても重要かもしれません。そのためにも、打ち合わせはなるべく頻繁に行いましょう。

 

店舗デザインの具体的な立地や内装について打ち合わせが終わると、数週間後にデザイナーがスケッチや模型を作成してきてくれるのが一般的です。
図面だけではなくこのように立体的に示してもらえると、課題や直したい点も見つかることがあるようなので、貴重な機会となりそうです。

基本的に店舗デザイナーは、専門的な知識で以て顧客の店舗が完成するのをサポートするのに違いはないのですが、おおよその流れとして言えば、図面が完成したあとは実際に施工を行う会社に受け渡すことになります。
つまり、ここまでは店舗デザイン事務所と顧客の一対一で話を進めますが、ここに施工会社が加わることになるので、意思や情報の伝達には注意が必要です。

特に、修正してほしい問題(例えば搬入物の大きさや、デザイン費の問題、塗装の修正など)が浮上してきた場合には、デザイン事務所と施工会社のどちらに言うべきなのか(あるいは双方に伝えるべきか)事前に確認しておくと、緊急のトラブルをふせぐこともできるでしょう。

 

そしてすべての作業が終わると、水道やガス、電気といったインフラの手続きをして、顧客に受け渡すことになるわけです。

これが大まかな流れとなります。